Connect

Jono Ryan is an Alaskan-born photographer currently residing in Osaka, Japan. Jono's work is concentrated on the everyday sentimental; life is meant to be loved. He loves his friends and family very much and is often accused of behaving like a six-year-old trapped in the body of a young adult. He wants to take your picture.

城野来安(ジョノライアン)はアラスカ生まれ大阪に住んでいる写真家である。城野の被写体は日常の感情的な破片。つまり、人生は生まれただけで祝うことと思っている。城野は家族と友達をすごく大切にする。実は、大人のふりをしている6歳の子供である。何よりも、城野はあなたの写真を撮りたい。

 

  • Jono Ryan
  • Instagram
  • Spotify